[ ページの先頭です。]

ページ内の移動リンクです。

[ここから本文です。]

[ここからメインコンテンツです。]

各種制度のご案内

敷金分割支払制度
敷金分割支払制度とは?
入居時には、家賃の2か月分の敷金をお支払いただいておりますが、入居時に1か月分の敷金をお支払いただき残りの敷金については入居可能日の属する月から数えて2回目の6月に1か月分をお支払いただくことで、入居時の金銭的負担を軽減する制度です。
対象
新たにUR賃貸住宅をご契約のお客様を対象とします。
すでに他の制度で家賃の割引等の対象となっておられる場合は対象外となります。
原則として各エリアのキャンペーン期間中にお申込みの場合のみご利用可能です。
収入要件
詳細は最寄りのUR営業センターまでお問合せください。
キャンペーン期間については、エリアにより異なる場合がございます。
詳しくは最寄りの UR営業センター(募集案内窓口) までお問い合わせください。
北海道 別ウインドウが開きます    首都圏 別ウインドウが開きます    中部 別ウインドウが開きます    関西 別ウインドウが開きます    中国・四国 別ウインドウが開きます    九州 別ウインドウが開きます
ハウスシェアリング制度
ハウスシェアリングとは?
単身高齢者等が友人と互いに協力し合って共同で生活したいという居住ニーズが実現できるよう、友人等と同居いただける制度です。この制度を活用することにより、家賃負担の軽減や緊急時の助け合いを図ることが可能となります。
対象
年齢に関わらず、所定の手続きを行っていただける個人のお客様が対象です。
契約について
  • ○それぞれの入居者のプライバシーを確保するため、契約名義人は原則2名とします。
  • ○全ての入居者が契約名義人となります。(同一の契約書に連名にてご契約いただきます)
  • ○資格確認時に全ての契約予定者に所得証明書、住民票等の書類をご提出いただきます。
  • ○収入要件については、契約予定者全ての年収の合算額から12で除した額を毎月の平均収入額とします。
    ただし、それぞれの契約予定者が当該申込住宅の基準月収額の2分の1以上の収入が必要となります。
詳しくは最寄りの UR営業センター(募集案内窓口) までお問い合わせください。
北海道 別ウインドウが開きます    首都圏 別ウインドウが開きます    中部 別ウインドウが開きます    関西 別ウインドウが開きます    中国・四国 別ウインドウが開きます    九州 別ウインドウが開きます
マルチハビテーション(セカンドハウス利用)制度
マルチハビテーション(セカンドハウス利用)とは?
ライフスタイルの多様化に伴い、都心と郊外を平日と週末で住み分けるなど多様な住まい方が選択できるよう、生活の本拠以外の住宅としてUR賃貸住宅をご利用いただける制度です。
対象
UR賃貸住宅をご契約いただく個人のお客様が対象です。
収入要件
一般賃貸住宅の収入要件と同様です。ただし、現在UR都市機構の住宅にお住まいの方については、居住中の住宅と新たにセカンドハウスとして利用する住宅の基準月収(貯蓄)額の合計額以上が必要です。
詳しくは最寄りの UR営業センター(募集案内窓口) までお問い合わせください。
北海道 別ウインドウが開きます    首都圏 別ウインドウが開きます    中部 別ウインドウが開きます    関西 別ウインドウが開きます    中国・四国 別ウインドウが開きます    九州 別ウインドウが開きます

ページの先頭へ